重曹のチカラ
ホームリンクサイトマップ

重曹を使った掃除

重曹を使った掃除家庭で重曹を使いこなすことが出来れば、家計の負担を減らす事が出来ます。掃除においても市販の洗剤よりも安く、さらに重曹自体も無害なので、環境に与える負担もないのです。また、万が一口に入っても問題ありません。このようにメリットの多い重曹を使った掃除方法もあります。

掃除には重曹ペーストを使う場面がよくあります。重曹ペーストの作り方は、水1に重曹2〜3の割合で混ぜると出来ます。混ぜる際には少しずつ重曹に水を足していくことが大事です。また、乾燥してしまうと固まってしまうので、密閉した容器に保管し、なるべく早く使い切ることです。

台所

台所台所の掃除で一番苦労するのが換気扇の掃除だと思います。換気扇を使用後に、毎回取り外して掃除をするのは面倒なので、1ヶ月に一度の間隔で掃除をしておけば良いです。

換気扇にもプロペラタイプ、レンジフードタイプの二種類があるので、まずプロペラタイプの掃除方法を説明します。まずプロペラと油受けを外し、お湯に浸した後、重曹を振り掛けます。汚れがひどい場合は、重曹を溶かした湯に浸しておいてください。その後は普通にふき取り、水で洗い流せば良いです。

レンジフードタイプの場合は、重曹を溶かした湯にフィルターを浸し、油汚れが取れやすくなったら、古歯ブラシ等でこすり落とします。シロッコファンも同じ様にします。汚れがしつこい場合は何度も湯に浸け、歯ブラシでこすり、汚れが落ちるまで繰り返します。

魚を焼くときに使うグリルには、魚を焼く前に底に重曹を敷き詰めておくと、重曹が油を固めてくれるので洗いが楽になります。鍋についた焦げは、大さじ1の重曹と1カップの水を鍋に入れて煮ると、鍋の焦げ付きが浮いてくるので、洗い落として磨きます。

空の大口の容器に、300ccの重曹の粉を入れ、それを冷蔵庫の中に入れると、2ヶ月間臭いを吸収してくれます。電子レンジの掃除には、レンジに使える容器に200ccの水と、小さじ1〜2杯の重曹を入れ、レンジ内で沸騰させます。沸騰させたらふたを開けず、しばらく放置し、レンジ内に重曹水の水滴がつくので、それからレンジ内部をふき取ります。

流し台は全体に重曹をふりかけ、スポンジ等の柔らかいもので拭きます。重曹には研磨効果もあるため、あまり力を入れてこする必要はありません。余った重曹湯はそのまま、ガスレンジ拭きに使いましょう。料理の最中に飛び散った酸性の油を、中和してくれます。

風呂場・トイレ

風呂場にある洗面器具は、まず残り湯に重曹と酸素系漂白剤を混ぜ、一晩つけておきます。すると翌日には、軽くこするだけできれいになります。しつこい汚れには熱湯で重曹を溶かし、溶液を汚れの上から掛けると良いでしょう。

トイレ掃除の場合、まず便器は重曹を振りかけ、一晩置いてからブラシでこすると臭いと汚れが取れます。

リビング

リビングまず、床がフローリングの場合、軽い汚れは、重曹ペーストを塗ると汚れがはがれるので、酢かクエン酸で中和して拭き取ります。ただし、ジュート素材のラグや、天然素材で出来たフローリングや床の場合、重曹を使用すると変色してしまうので、使用しないでください。カーペットの場合は掃除機を掛ける前に、重曹をまぶしておくと、静電気の防止と消臭が出来るので、時間があれば一晩置いてから掛けてください。

窓のサッシは割りばし等でほこりを取った後、浮き上がったほこりを掃除機で吸い取り、歯ブラシに重曹ペーストをつけてこすり、水で流します。水を流せないようなところでは、スポンジや雑巾で拭き取ってください。

エアコンのフィルターは重曹水で汚れを落とせます。このときの重曹水の作り方は、水200ccに小さじ2〜3杯の重曹を混ぜて作ります。フィルターは先に掃除機を掛けてから、水に浸けたほうがきれいになります。

小さなお子様がいる家庭では、クレヨンの落書き落としに苦労するでしょう。重曹に水を少量含ませ、落書きの部分を指でこすれば、クレヨンの油と色素がにじんで落書きを落とせます。

その他の場所

その他の場所ガラス掃除の際に残るしつこい汚れには、古新聞を重曹水で濡らしてこすってください。よく忘れがちなスリッパの裏も、重曹水で拭いたあと、からぶきすると良いでしょう。



▲ Back Top